Fun Run日記 その9 維摩池チャリティマラソン

地元、尾張旭で、僕が毎朝ラントレする維摩池にてマラソン大会が開催。


もうこれは出るしかありません。ハーフ、10k 5kのうち


10km(6周半)にエントリー。


d0257922_19443747.jpg


地元のクラブが主催していて、諸経費を除いた金額が二十歳の基金に。


ところで、最初から言い訳しますが。


GW後、遊びすぎて発熱。咳が止まらん。


連休明けから今日5/14日まで1回走っただけ。


その時も途中で不調になりダウン。


かなりの不安で歩いて現地に。


d0257922_19461964.jpg


ひとまず最低参加価格の倍以上を募金箱に投入。


(といっても通常の大会よりはかなり格安)


d0257922_19473209.jpg



48時間耐久マラソンの女性世界記録保持者の方が準備体操の指導。


そんな残酷な大会があるのですね(汗)



準備運動でかなり汗が出た、いけそうだ。


d0257922_19491286.jpg



ところで、見渡せば明らかにRun女子の方が多い。



なんちゅー嬉しい大会なのだ。



d0257922_19503371.jpg



クラブ会長の挨拶、この人の紹介文に「会長とはピラミッドをさかさま



にした一番下の位置であると心得ております、なんでもいいつけください」



と書いてあった。素晴らしい人だ。



d0257922_19524120.jpg



今回は155番です。



d0257922_19531548.jpg



10kのスタート地点。



ここは毎日走っているのだ、1時間は切らなくては。



という思いと、本当に走る事が出来るのだろうか?



という思いが交錯。


d0257922_19591475.jpg



おもむろにスタート、最初の1周、チアリーダーの声援を受け快走。



結構イイTime。楽に1時間は切れそうだ。



d0257922_20134032.jpg





うちの息子が参加しているのとは別の市内の子供太鼓も応援に。




d0257922_20025662.jpg




エイドステーションでは、スポドリ、ミネラル、ファンタオレンジ、コーラ




いままでこんなにバラエティーにとんだ飲み物があっただろうか、感激。




d0257922_20044043.jpg



しかも果物まで、バカ高い参加料で水しか出してくれなかった



前々回の大会とはまるで違う。地元のランニングクラブ最高です!



と、よろこんでいたら5kmを過ぎたあたりでガクッと腰が落ち失速。



まったく足が前に出なくなった、いままでこんなことは一度も無かったのに。



あっという間に体が限界に、そーなるともう歩くしかありません。



d0257922_20080499.jpg




チョコシューをガツガツ食べて体力回復を図ったが



500m走るともうだめ。最後の3週は走っては歩き、走っては歩きの連続。



次々にお追い抜かされて行きます、最後はなんとか500m走りゴール。



5回目の大会で初めて歩いてしまった(泣)


d0257922_20131834.jpg




時間は1時間18分13秒、この前の10kmより20分以上の遅れ、惨敗です。




d0257922_20274079.jpg




ホノルルマラソンの出たい! という就活中の女子大生。



d0257922_20291725.jpg




だいぶ心拍数も整ったところで再度エイドでいろいろ食べさせてもらう。




d0257922_20302449.jpg





これで2016~17シーズンのマラソン大会の予定は終了。



秋からまた新しいシーズンが始まります。



今回は病み上がり(病み中?)の自分に負けてしまい撃沈でしたが


今後もトレーニングして



来年はハーフマラソンに出たいと思います。


d0257922_20324294.jpg




尾張旭RCの皆さん  ありがとうございました。



























[PR]

by naru-kato | 2017-05-14 20:11 | Fun Running | Comments(0)

Fun Run日記 その7 第22回香恋の里三河湖マラソン


ネットで非常に口コミの評判が良かった香恋の里三河湖マラソンに参加しました。


リピーターが非常に多い大会でアットホーム的な良さが売り物です。


d0257922_20504552.jpg



6時半に家を出て1時間15分、羽布ダムが見えてきた。


d0257922_20514097.jpg



13.5kmのこのダム湖を一周するのですが、めちゃデカイ


かなり不安が・・・・


d0257922_20522672.jpg



しかも気温は氷点下、まるで解禁の蒲田川にいるようだ。


ジャージの上下でいいと思ったがダウンパーカーいるやん(涙)


仕方ないので待ち時間はUPで体を温めるしかないな。


d0257922_20540398.jpg



一応、漁協もあるみたいで、釣りもできる(やりに来ないと思うけどね)



d0257922_20545334.jpg




どこの大会でも必ずある、会長、議員等の挨拶、でも好感が持てたよ。


22回目の今回は、過去最高の754人の参加、確か数年前は400人くらいだと


思ったが、評判の良さとブームに乗った感じです。


ちなみに13.5kmの参加者は375人


40歳~59歳までは195人です。


d0257922_20571794.jpg


後ろの方のどっかに写ってると思うんだけど(笑)


d0257922_09543492.jpg



(しもやまスポーツクラブのHPより画像勝手に頂きました)




いよいよスタート、僕はいつも通り中段に陣取る。一時間半を目標にゴー。


d0257922_20580083.jpg



約3km地点のダムの上を走る、ここまで18分くらい、イイペースだ。




対岸にくると道がダートに変わるのだが未舗装の部分が走りやすい。


他の参加者のブログなど拝見しましたが、この林間コース


かなりきつい、との事です。僕は初めてなんでこんなもんか。


と覚悟してたより楽に感じました。


(もちろんTime狙ってませんからねー)


d0257922_21004086.jpg


なんども、なんどもワンドの廻りを果てしなく(笑)進みます。



聞こえるのはランナーの息づかい、鳥の声、魚のライズする音(これはウソ)だけ


と書くとカッコいいが、本当はそれどころでなく、自分の「ハァー ハァー」とい


いう声だけしか聞こえない、しかし10kmを超えると次第に川の音が聞こえてきた。


インレットを超えたようだ、もう少しでゴールだ。


ここでトラブル発生!

知らぬ間にアスファルトと砂利道の境をトレースしたらしく


右足を「グキッ」「痛てぇー」と大声、足をくじいてしまった。


前のランナーから「大丈夫?」と声を掛けられるが


うーん なんとか行けるか?



だましだまし走り出します。




d0257922_21035779.jpg


この橋を渡れば元の舗装路に入る、あと2.5km。



渓相は僕好みですねー




d0257922_21045653.jpg




しかし、橋を渡ると最大勾配の登りが出現。


なんでお金出して、こんなところに来て、こんなにも苦しい思いしないかんの?


と自問自答(笑)、歩くより遅いスピードでなんとか駆け上がりゴールが見えた。


d0257922_21071009.jpg




手作り感満載のゴールシーンです。



Timeは、なんと目標を軽るーくクリアーし、1時間24分33秒!キロ6分15秒。


周回コースじゃないからペースが落ちなかったかもな。




d0257922_21092502.jpg


真中よりもかなり下の順位。


まぁそこはどーでもいいんだけど。


ゴール後、無料のトン汁、お汁粉のサービス。


いままでこんなに上手いトン汁があっただろうか? 


2杯おかわり、お汁粉は3杯。(食べ過ぎだっーつーの)


d0257922_21115021.jpg




1000円分のお食事券が還元されているのでしっかりと使います。



d0257922_21131356.jpg




名物の巨大五平もちを家族のお土産に



d0257922_21140139.jpg



参加賞はタオルとミネラルなど、抽選はお米とか、野菜とか(笑)


当選はしませんでしたけどね。



d0257922_21144026.jpg





こーして三河湖マラソンは終わりました。


初めて参加しましたがローカルな暖かい(寒くて凍えてましたが)



雰囲気が非常によかったです。



勿論来年も参加したいですねー


追記

終わって家に帰ってから右の膝が痛みだし当分トレは

出来なくなりました。やはりアップ&ダウンの影響かな(涙)











































[PR]

by naru-kato | 2017-03-19 21:08 | Fun Running | Comments(2)