タグ:フライフィッシング ( 187 ) タグの人気記事

~A River Runs Through It・・・・2016年のフライフィッシング


今年も禁漁になってしまい,すでに一月半たちました。


頑張って昨年同様30回弱、渓流で釣りすることができ満足してます。


d0257922_19264273.jpg



毎年恒例(笑) 映画リバーランズスルーイットより勝手に掲載写真。



今年は都合11人(延べ人数20人程)の方と釣りができました。



d0257922_19381493.jpg




そのうちお二人は今まで何度も一緒に行きましょう、と言いながら




なかなか実現できなかったので良かったです。





d0257922_19400417.jpg




ところで来年はさらに釣りの輪を広げ沢山の人と行きたい。



と、いう気はさらさらなく。



今まで通りお付き合いしていただいてる皆さんと楽しく過ごせば



僕はそれでいいのです。




昨年同様、オフシーズンは一切釣りはやめにして(1回は予定あるけど)




キャス錬も体の都合が悪くて沢山出来ないので(50肩で痛くて痛くて)




適当に3月まで過ごすつもりです。



d0257922_19473556.jpg


それより今は他の事に夢中で





(レコード関係じゃないよ。そのうちわかると思います)





そっちに燃えています。

d0257922_19450459.jpg




来シーズンはまだ行っていない渓が2か所あり、




何が何でも行ってみるつもりです。





今年1年楽しく過ごさせていただいた皆様ありがとうございました。







[PR]

by naru-kato | 2016-10-19 19:37 | FlyFishing 2016 | Comments(10)

北濃     今年の終焉

とうとう今年も禁漁になってしまいました。



9月は根性出して5回の釣行を計画したいたのですが1日は大雨で諦め



あとの日も毎回天気予報と睨めっこしながらの釣行です。



最終日1日前。何度も顔を合わせているkimama028さんと



ようやく一緒に行けました。





都合で正午発、僕が迎えに行き濁流の長良川を見ながらNo2に向かいます。



今日なんて誰もいないだろうし、水量も多くてダム差しヤマメがきそう。



などと道中話しながら行きますが現地について、はかなく期待を裏切られます。



d0257922_19240361.jpg



やはり皆同じことを考えてるようで、昨年同様人・人・・人・・・



どこも入れないんで最下流のさらに下から釣り上がり



kimmama028さんはナイスなイワナをバラシタそうな。

d0257922_19242465.jpg




僕は全く反応なし。



大好きな瀬についてようやく反応がありようやくイワ君



d0257922_19250147.jpg




続いて3発かかるが神経質になっているのか掛かりが浅くすべてブレイク。




その後頑張り毛バリが見えなくなるまで頑張るが水温が下がったせいか




ハッチもなく、ライズも起きずに本シーズンしゅーりょー。




まぁ 最終日なんで釣りがやれた事、釣れた事だけでよしとするしかないな。




その後、一度行った見たかったSさんのお店で焼き肉の反省会。




Sさんとも来シーズンの釣行を約束しお開きになりました。




kimama028さん、来シーズンは1日フルでやりましょう。




今シーズン同行していただいた皆様 どうもありがとうございました。




[PR]

by naru-kato | 2016-10-01 19:26 | FlyFishing 2016 | Comments(8)

北陸     最終週末に連打で押しかける

いよいよH28年の遊魚最終が近づいてきました。


そこで祭日の木曜日、名古屋は大雨ですが北陸ならたぶん大丈夫だろう


ということでM田さんと押しかけます。


到着すると師匠の車が、同じ考えようですね(笑)

d0257922_20084428.jpg


少し下流から入るも、上で見ているより流れは重い。


何度か出るもなかなかかかりまへん。


M田さんはやはりここのスペシャリストなんでコンスタントに釣り上げます



1ラウンド終わってところで師匠と対面、泣尺イワナ釣ったそうな。



後半はそのポイントに入りますがさすが名人の後、なかなか出ません。

d0257922_20100467.jpg



何とかスレでイワ君釣り上げてこの日はしゅーりょー





そして最終日曜、こんどは師匠と出撃、やはり人が多い。



M田さんもKawaさん、豆シバさんと来ていて車中から「おーい」とやってます(笑)



肝心の釣り場は、いい場所に入ったのに上から餌師が下りてくるわ。



やっとこさかかった堰堤イワナは痛恨のブレイクするわ。



最近得意でない両側藪沢ではひっかけまくるわ。



今日は自分の下手さを痛感。



場所を変え下流に行くと今度は猛烈な水量


d0257922_20134500.jpg



まるで庄川のNo1"にいるようだ。


朝から何人も叩いたであろうポイントで29センチのアマゴを師匠が釣ります



d0257922_20140711.jpg



この後、ほとんど僕にやらせてもらいますがなかなか釣れません。



ここで終わりの堰堤下でようやくチビイワナゲット。



写真に撮る気も起らず堰堤下のブロックポイントでやっと写真サイズが。




d0257922_20142981.jpg



今日は訳ありで3時にしゅーりょー



両日とも家に帰りそのまま爆睡です。



ここの渓は家から一番近いのですが道中の峠道がものすごくストレス




精神的にものすごく疲れるのです。



でも渓が素敵なので9月は毎年訪れます。




d0257922_20133154.jpg



案内していただいた



M田さん、Yuki師匠ありがとうございました。




しかし、このままでは終われないですね。




[PR]

by naru-kato | 2016-09-26 16:01 | FlyFishing 2016 | Comments(4)

北濃    ドライに厳しい季節

平日の午後いつものようにNO2目指しました。


今回は行く気と、辞める気が半々で、どーしよーか悩みながら北上。


途中眠たくなってきたので1時間仮眠。


このようにグダグダの運転でなんとか3時ころ現地へ。



すると向こうから見慣れぬ車が、中で手を振ってる人が、誰やろー?


なんと、kimmama028さんでした(笑)


そして運転は初めてお会いするgary(fbでは友達)さんです。



d0257922_05461534.jpg




しばし歓談しぼくは少し上をやります、


が、まったく反応なし。


瀬の真ん中でイワナ発見したが底で動く様子が無い。


ドライには全く見向きもしないので


以前、山紫水明さんに教えてもらった秘密の釣り方でなんとかゲット


d0257922_05484849.jpg




今日はフライが見えなくなるまでやる予定。



kimama028さん達はひとまず6時ころに温泉に



僕は今日は一番下のプールでライズを待ちます。


真っ暗になり散発ながらライズが、


瀬の真ん中で大きいライズ。


間髪いれずに適当にキャスト


もちろんフライはどこにあるかさっぱりわかりません


バシャと音がしたので合わせるとヒット!


最近この釣り方がおもろい。



一気に下流に走られ岸際の葦に入られた


こいつはデカイと思いましたが


ネットにはいった魚は8寸ほど


魚も何か分からない、カメラのフラッシュでようやくアマゴと判明


d0257922_05542956.jpg





写真を撮るも、まったく上手く撮れない。


諦めてリリースしたところでしゅーりょー。


こんなさえない釣りでしたがKimama028さんgaryさんと会えたので


行って良かったです。




そして秘密の釣り方も覚えたので今度はそれの特訓に行こうかな(笑)















[PR]

by naru-kato | 2016-09-17 05:57 | FlyFishing 2016 | Comments(4)

飛騨      ホームリバーの終焉 

メインリバーの遊魚最終日。師匠とNo1”にもう一度行ってきました



そこに異変が



駐車場で準備していると、なにやら向こうから黄色い声が。




目の錯覚かと思いましたが、女子大生20人くらいがあるいてきます。



d0257922_18101776.jpg




こんなところで何事?と思ったら付き添いの先生がゼミの山歩きです。



みんなクマ鈴付けています。  イワナの塩焼き大好き!と言ってました(笑)




d0257922_18113940.jpg




こんな感じで釣りを見学してました。



釣れれば良かったのですが反応なし



しかし次のポイントの1投目でイイのがかかります



しかし、ブレイク。残念。



その後、絶好のポイントで師匠がダム差しを


d0257922_08453300.jpg



実は、このポイントは僕の番だったのですがフライを痛恨の木に引っかけ



取りに行く、または糸を切ると間違いなく場荒らしになるので



引っかかったままにして、師匠と交代したのです(涙)



自分のミスですが、こんな大物ポイントで下手打つとは情けない。



ちなみに先週猛攻にあったアブはほとんどいません。





d0257922_08511664.jpg




一応これ持ってきましたけどほとんど使いませんでした。


その後ようやくまあまあのアマゴ。




d0257922_08461526.jpg




カメラが変なモードになっいて大失敗写真。



その後は反応も鈍くなり、漁協の人が本日は6時までです、と言いに来たので



イブはやらずにしゅーりょー



今年はNo1よりNo1”のほうが多かったです。




毎回楽しく過ごすことが出来ました。




これで庄川とも半年おさらばです。



ありがとうございました。






[PR]

by naru-kato | 2016-09-10 18:20 | FlyFishing 2016 | Comments(4)

飛騨   アブの猛攻にあい半日で逃げ出す。


日曜日は庄川の遊魚最終日曜、KubさんとまたまたNo1"に出かけました。


最終なんでかなりの混雑を予想し朝2番くらいで着くように今回も遅めの出立。


d0257922_18182116.jpg




massanさんの車が止まってる。たぶん下流に行ったかなー


書置きをして僕らは上流部に


どう見ても今年一番の水の少なさ、プールでは落ち葉が止まってる(汗)


開始直後、イイサイズが出るが乗らず、そのまた直後デカイワナも出るが乗らず


まぁ のんびりやりましょー  と思ったのもつかの間


10時を過ぎたころから超バカでかいアブが増えだし


11時ころには体に10匹はひきつれての釣行。



当初、蜂と思っていたが家に帰って調べるとアカウシアブと判明


どーりで襲ってこないわけだ、しかし血を吸いたいのか体の周りを常に旋回。


集中力がまったく出ません。


d0257922_18231305.jpg




なんとか巻きで1匹釣るも食事タイムではさらに増え続けます。



d0257922_18241620.jpg




天気は最高だけど、この水の少なさ、そしてアブの多さ。



えらい日になった(涙)




d0257922_18251974.jpg




ポイントはほとんどなくなっていてアブと格闘しながら歩いているだけですわ。


おにぎりを食べる為に河原に腰を降ろすと、


一気に20匹位がきます。


ハッカスプレーも効ききません。


タオルを振り回し応戦しますが諦めて、


ベストを脱いで走って別の河原に移動。


5分くらいはベストの廻りをうろついてるので、


なんとかおにぎりにありつけました。



水も少ないし、これでは釣りもまともに出来ません。



あきらめて脱渓、東屋で休んでるとmassan到着



同じように猛攻に遭ったそうな。



しばし3人で歓談しmassanは帰途に。



その後Uさん、IWさんにもばったりお会いします。


流石最終日曜です。


イブはNO1に移動、ここは全くアブはいませんが午前中かなり叩かれた様子



歩くとかなり先の方でも魚が走って逃げます。




d0257922_18293911.jpg



なんとかヤマメと新子釣ってしゅーりょー



今日はアブのせいでメチャ疲れました、林道の帰り道。



頭の中は夕ご飯は何食べるかしか考えていません(爆)



いつもの所で今年2回目のみぞれとんかつ


d0257922_18311339.jpg





Kubさん、いつもありがとうございます。


ここの水域は9月9日までです。



このままでは終われん。



   かもなぁー(笑)








[PR]

by naru-kato | 2016-09-05 18:34 | FlyFishing 2016 | Comments(10)

飛騨  8時間耐久 またやっちゃいました。

昨年のシラメ釣りで知り合った、岐阜のTさんとようやく釣りに行けました。


彼とは釣りで知り合いましたが、その後音楽の趣味の一致、バンドやってる事、


レコードも聴いている事。など共通の話題が多く彼のライブも見に行ってます。


という事で道中はライクーダーなど聴きながら僕のメインリバーを目指しました。



d0257922_08215480.jpg


遅めに出て10時半に到着


土曜日ですがそれほど釣り人はいません。


かなりの渇水で釣りにならないと思っていたが


1時間歩いて入ったポイントはそこそこ水はあった。


昨日雨が降ったからですね。


d0257922_08242725.jpg




まずTさんが釣りました。流石です。




d0257922_08252566.jpg



綺麗なアマゴ。


この娘、僕らが初夏に沢山釣れたアマゴと同じ模様だ。



ひと夏越して2~3センチ伸びてます。



嬉しいです、来年は9寸くらいまで行くかもな。




その後全く反応が無いので昼食。




ここではあまりフライは意識しないけど、



いつもと違う毛ばりに変えてから出が良くなった(気がする)


d0257922_08292016.jpg




ようやく25センチのヤマメが来ました。


ダム差しの体型ですが、それにしては小さくて痩せてる。



以前のダム差しの子供で今年ダムに帰らずに居残った魚と勝手に決め付けました(笑)



d0257922_08321890.jpg




ダムっ子ぽいヒレですが付け根が異常に細いなー



d0257922_08332345.jpg




前回尺イワナのライズを見た場所でこいつ。



おなかはパンパンです。



d0257922_08343149.jpg



こんどは渓育ちのヤマメ



8寸ですが見事なプロポーション。



嬉しいねー


d0257922_08353365.jpg



Tさんに大物がかかった!



しかし無念のブレイク。



残念やったなー。




さらにその後、再度大物に糸を切られ



僕も最後の最後のポイントで大物がヌッーとゆっくり毛ばり咥えにきて



合わせが早くて痛恨のミスしちまった(泣)



でも、なんだかんだでものすごく楽しい一日でした。



結局8時間歩きっぱなし。



久しぶりに耐久釣りやったよ。



でも最近、朝の1時間ウォーキングしているので



体はなんともなかった。




車の運転と渓を案内したお礼にと


d0257922_08401419.jpg



Tさんがヒレかつ定食をおごってくれました!



Tさんありがとうございました、また行きましょう!



次回のライブもたぶん行きますねー


おしまい
















[PR]

by naru-kato | 2016-08-28 08:43 | FlyFishing 2016 | Comments(10)

北濃   ピーカンでも釣りになる渓

お盆休み明けですがまだまだ仕事という感じじゃなく


結局8月22日からしか本格的に仕事も動き出さないようなんで


金曜日、午後からNO2に久しぶりに行ってきました。


現地でこれまた久しぶりにマーキーさんとやります。



d0257922_10534837.jpg




11時半に到着。


マーキーさんの話では1回出た。



という感じ、めちゃ厳しいです。



二人で下流部の中ほどから攻めます、マーキーさんはテンカラにスイッチ。

d0257922_10561221.jpg




真昼間のピーカンなんで糸も細くし、フライも小さいここ専用フライに



何度か出ますが喰いが悪いので乗りません。



絶好の日陰ポイントでようやくアマゴが


d0257922_10551767.jpg




 小ぶりですが、綺麗ですねー。






さらにチビのイワナ



d0257922_10595693.jpg




橋の下の大物ポイントでなかなか良い引きの夏アマゴが



d0257922_11015053.jpg




25センチくらいですかね



上手く写真が撮れてうれしい



後ろからもどうぞ


d0257922_11023511.jpg




やっぱ夏のアマゴはいいなー



この後休憩しイブニングに備えます。



しかし、なかなか厳しく明るいうちは全く出てこない



19時を過ぎ真っ暗になってようやくライズが始まった。



マーキーさんとイブ専用ポイントで陣取り2匹づつ釣ってしゅーりょー



ジャストネットサイズのイワナが最後に来たけど写真は撮れなかった。




まだまだ9月は何度か来ると思うこの渓。



そろそろ本流差しのアマゴの季節ですねー




[PR]

by naru-kato | 2016-08-21 11:09 | FlyFishing 2016 | Comments(4)

奥飛騨   お盆の帰省の帰りにちょと

毎年、お盆休みは富士の実家で過ごします。今年は許しが出て僕だけ早めに富士を脱出


目指すは奥飛騨温泉郷、中央道を北上し、奈川度ダムを通過、安房トンネルを抜け


ほとんど、自宅からと同じ距離を走り宝橋でKubさん、と16時に合流。





d0257922_13354411.jpg




早速有名ポイントをやりますが


さすがお盆休み。



かなり叩かれ厳しい状況


イブニングに陣取った場所で



フライが見えなくなるまで釣り続け


d0257922_13365954.jpg



28センチのイワ君ゲット。



フライが見えないのでライズで合わせました。



日ごろNo2のイブニングでこういう釣り方やってるのでね。



その後。さらにデカい奴が。



僕の渓流フライ歴でこんなに強い引きの魚は初めて。


というくらいの魚が掛かりました。


立ち位置が石の上で川底が全く見えない状況でのやり取り。


3分くらい頑張ったがそのうち非常に冷静になってきた。


川に降りれない以上寄せきれない。


糸も細いのだし。



「この魚、獲る事は無理かなー」



そのうち最後の力を振り絞り猛然と下流にダッシュ



「あぁーヤバい」と叫んだとたん「プッツン」と糸が切れた。



「しぁーないなぁー」なぜか絶叫も起きずイブは終了。



あとで糸を見たらジョイントではないところで切れていた。



d0257922_13433527.jpg



荒神の湯につかりKuBさんと小宴会



月と雲のバランスが絶妙。



d0257922_13451144.jpg



僕でもこんな綺麗な写真が撮れました(加工はしたけど)



次の朝


d0257922_13455412.jpg




恒例のKubsコーシー。眼がしゃきっとします。



今日は初の左の源流に行く予定でしたが



朝からあいにくの雨、雷注意報も出てるので



また同じ川の別ポイントへ


d0257922_13473675.jpg




途中、土砂降りになりながらも新子との攻防を楽しみます(笑)



d0257922_13480741.jpg




それでも、ライズが獲れればひとまず嬉しい。



d0257922_13485110.jpg




通常なら朝一しかこの時期釣りにならないが



雨のため2時半まで二人で何匹かの新子と遊び岐路につきました。


d0257922_13494089.jpg




最後にもう一度ここに着て


リベンジしたいと思ってます。








[PR]

by naru-kato | 2016-08-16 13:53 | FlyFishing 2016 | Comments(6)

北陸   今年初の渓へ アブと蜂と闘う 


なかなか行こうと思ってもタイミングが合わず行けなかった渓に



M田さん、Kawaさんと行ってきました。



猛暑ですが水はそこそこ冷たくて



ついついこんな感じに(笑)


d0257922_09535983.jpg



これが気持イぃーんですよ。




八時半頃から入ります




脇の流れのブッシュの中にフライ入れて


d0257922_09583452.jpg




ひとまずチビ。



その後本筋に移り



M田さんがここぞというポイントで



d0257922_09595097.jpg




僕の順番、M田さんが「ここは9寸ポイントだよー」



という事で,



d0257922_10020035.jpg




3段下まで下りネットにはいったこいつ。




8寸以上か?と思うくらいの引きでしたが




7寸チョイ、でもヒレが大きいので楽しめました。




上から釣り人が川を下って降りてきたので



場所移動


d0257922_10041494.jpg




休憩後朝と同じコースをリベンジ



M田さん


d0257922_10053455.jpg





Kawaさんもグッドサイズ。



d0257922_10060348.jpg





僕もサイズは伸びませんがそこそこ釣れます。



最後の堰堤でフライが沈んでこいつが


d0257922_10081135.jpg





昨年も同じことあったよなー




では昨年と同じ構図で


d0257922_10084861.jpg




アブと蜂の攻撃にはまいりましたが(予想通り)



なんとか1日楽しめました。



M田さん、Kawaさんありがとうございました。



お盆休みは釣りやるかどーか悩み中です。














[PR]

by naru-kato | 2016-08-08 10:10 | FlyFishing 2016 | Comments(6)