タグ:イワナ ( 65 ) タグの人気記事

飛騨    梅雨の合間に楽しむ

梅雨の増水の合間の引き際、今年三回目の師匠との釣り、ホームリバーです。


最下流部から入ります。


d0257922_19490160.jpg




程良い水量、期待が持てます。



しかし、相変わらず出が悪い。



2時間以上やって大物ポイントを上流から流して



ようやくイイサイズのヤマちゃんがきます。



d0257922_19551049.jpg




その後もボチボチ出ますがチビが多いな。



途中尺ヤマメのたまり場を発見し(笑)  なんどもフライ流すも


お気に召さないようで(泣)



だんだん心が折れそうになり、集中力も続かなくなります


しかし、ここはそーいう渓だから、


d0257922_19572182.jpg




最後のポイントでやっときました。



僕の左の丸石に潜られ、ティペットを手繰ってひっぱりだします。



d0257922_19582937.jpg




完全に尺クラスの引きでしたが、8寸イワナでしたが元気いっぱい。



d0257922_19591725.jpg




なんとか、最後にこのイワナが釣れて満足です



師匠、次回もまたお願いします。










[PR]

by naru-kato | 2017-07-10 20:01 | FlyFishing 2017 | Comments(4)

初めての渓へ

平日の午後に時間がとれたので師匠と釣りに



今回はどーしても携帯が繋がらないとまずいので石徹白でどーでしょう?



師匠いわく、いや、「別の場所にしましょう、昔行ったことがある川です」



ということで里川にやってきました。



ここは前から知っていますが初めて竿を出します。



いきなり最初のポイントでイイサイズが出た、期待が持てそうだ。



d0257922_19462881.jpg




すこし上で師匠に大物が



d0257922_19465982.jpg




9寸のヤマメです。



僕もここぞというところからヒット



しかし


ニジやった(涙


d0257922_19475572.jpg





その後もイイサイズが出たりばれたりものすごく楽しめました。




d0257922_19483376.jpg




プールの開きで師匠にまたヤマメ



d0257922_19490859.jpg




途中ディンプルライズしているヤマメと対峙



なんとかヒットするもばれてしまいますが、


楽しぃー


最後に師匠にまたしても9寸イワナ


d0257922_19503767.jpg




今日はイイ釣りができました。



またお願いしまーす。



おしまい。





















[PR]

by naru-kato | 2017-06-28 19:53 | FlyFishing 2017 | Comments(6)

飛騨     まだ今年は早いようだ。


平日の中日、師匠と今年初となるメインリバーその2に行きました。


天気は曇り、今日は1時間林道を歩きポイントに到着。


d0257922_19255353.jpg




いつものように交代で毛ばりを打って行きます。



反応はいまいち、魚の気配がありません。



1時間くらいやって師匠にヤマメが。



d0257922_19315666.jpg




しかし、今日は二人共なかなかフッキングしません。



d0257922_19325979.jpg




昼食後、大物ポイントでライズ発見。



使っていたフライはみ見切られ、ここではまず使わない石徹白専用フライに交換



d0257922_19341309.jpg




今日は自分の写真も沢山掲載(笑)




d0257922_19434608.jpg





9寸イワナ、2回潜られたがなんとか釣れたこの谷独特の黄金色です。




d0257922_19443272.jpg





しかし、その後続かず。今日はこれ1匹。




梅雨明けの水量がある時は今年も期待できると思うのですが




いかんせん、今年はお盆までは仕事が忙しく




日曜も行けないので禁漁間際しかここに戻ってこれそうもない。



d0257922_19473472.jpg





まぁ仕方ないですな。



師匠、今日はありがとうございました。




d0257922_19482053.jpg









[PR]

by naru-kato | 2017-05-25 19:35 | FlyFishing 2017 | Comments(14)

北濃    今年初ですが異変が(笑)


朝トレ6km走って、おもむろに「よし、石徹白に行くか」と決断


仕事は携帯さえ繋がれば今日のところはOKだしな。


半年ぶりに北濃のホームにきました。


d0257922_07243522.jpg




北陸の白山周辺の山はまだ雪が残ってます。



今年はそんなにこれないので年券やめて日釣り券を購入。



駐車場に着くとタープを張ったテンカラの人たちが10~15人くらい



プチイベントか?  女性、そして外人の人もいます。



d0257922_07271056.jpg



今日は上流部に行きます。



どこにピントが合ってるか判らない写真(笑)



ここは出るだろう、という絶好の肩から飛び出した今年初アマゴ



d0257922_07283957.jpg




最近5年目にしてようやくミラーレスの使い方が少し判明し



いろいろ、やってますが。 ボディーにピントを合わせてしまい失敗写真。




その後竿抜けポイントから9寸イワ君がきました。



d0257922_07303004.jpg




ランディング寸前にフックが外れて「ヤバッ」と思ったけど



このイワ君はまだフックがついていると勘違いして



ボーッと諦めていたようで逃げなかったのですかさずネットを入れたら入った。



めちゃラッキーでしたわ。




その後下流部もやりますが適度にチビが遊んでくれますがイイサイズは皆無



なんか、下流部は昨年同様、調子悪そうだな。



夕方の期待のイブニングライズも無く、ポイントはテンカラ師に占領され



やむなくしゅーりょー



テンカラの聖地、石徹白。という感じになっていくのでしょうかね?



イベント沢山やってますからねー  (まぁいいんですけど)


[PR]

by naru-kato | 2017-05-20 07:38 | FlyFishing 2017 | Comments(8)

飛騨   ホームリバーの様子見

ホームリバーの渓にKuBさんと様子見に行ってきました。


午後から土砂降りの天気予報、3時くらいまでもつといいなー


半年ぶりに帰ってきたぞー

d0257922_09050775.jpg



Kubさんは今日は草色のニューロッド、評判のイイ竿です。



入ってすぐにゆるーくチビがかかりましたがすぐにブレイク。



その後流れのゆるいところでは反応がありますが、かかりが悪い。

d0257922_17402291.jpg



まだ水面に流れてくる餌に反応出来ない様子。



喰い方が下手なんで、なかなか乗りません。



気温も上がり、本当に雨降るんだろうか?と思い始めた昼過ぎ。




d0257922_09053331.jpg



絶対に釣れるポイントで、イワナが顔を出してくれました。



しつこく何度も流した結果です。夏なら1回流して終わりですけどね(笑)




その後車に戻りランチ。



今度は橋の下からやります。




d0257922_09060336.jpg



やはり非常に出方が遅い



Kubさんも入魂しました。




d0257922_09062415.jpg




プールでライズを待つもチビのみ、今日は十数回フライに出ましたが、




 掛かったのは6匹、釣れたのは4匹。




d0257922_09064056.jpg



まだまだ、時期が早いようでイワナの出方、フライの食べ方がまだまだ盛期には



程遠いですが、そこそこ楽しめました。




d0257922_09070030.jpg




結局、雨はほとんど降らず奇跡的に楽しめました



名古屋は土砂降りだったそうです。




GWもここでキャンプですが、あと5日くらいで活性があがるかな?


[PR]

by naru-kato | 2017-04-30 08:47 | FlyFishing 2017 | Comments(4)

奥飛騨の解禁日。



恒例の解禁日、蒲田川に3人で出かけました。



d0257922_10471858.jpg






昨年還暦だったKubさんは赤いニット帽、と、ここのスペシャリストIWさんです。





d0257922_10330899.jpg





いゃー 寒いわ。




IWさんが大物ヤマメを掛けましたがブレイク、その後きっちりイワナを



d0257922_10480149.jpg




プールでコカゲロウの流化も始まりますがライズは起きません。




50mに一人くらい川に入っているのでたいていの場合上流部に7~8人はいます。





休憩しプールは諦めて釣り上がると、水深の浅いショボいポイントで




d0257922_10504312.jpg




顔、体型は9寸くらいでしたが、尾鰭が長くて測るとジャスト30センチのイワナ




今年最初に出て、最初に釣りあげた魚が尺イワナになりました。




長年この釣りをしていますがこんな嬉しい幕開けは初めて。





d0257922_10542848.jpg



宿に着き温泉につかり夕食をたらふく頂き、酒を飲んで盛り上がりました。





次の日は朝から天候が悪く小雨、雪模様。これは蒲田日和です。





爆釣の予感でしたがこの日も沈黙。




d0257922_10560825.jpg




IWさんの釣ったヤマメです。




午後からは吹雪だし集中力も落ちてきて15:00でしゅーりょー。





年券も買ったので平日休んでまた行こーと。

















[PR]

by naru-kato | 2017-03-04 10:34 | FlyFishing 2017 | Comments(6)

北陸     最終週末に連打で押しかける

いよいよH28年の遊魚最終が近づいてきました。


そこで祭日の木曜日、名古屋は大雨ですが北陸ならたぶん大丈夫だろう


ということでM田さんと押しかけます。


到着すると師匠の車が、同じ考えようですね(笑)

d0257922_20084428.jpg


少し下流から入るも、上で見ているより流れは重い。


何度か出るもなかなかかかりまへん。


M田さんはやはりここのスペシャリストなんでコンスタントに釣り上げます



1ラウンド終わってところで師匠と対面、泣尺イワナ釣ったそうな。



後半はそのポイントに入りますがさすが名人の後、なかなか出ません。

d0257922_20100467.jpg



何とかスレでイワ君釣り上げてこの日はしゅーりょー





そして最終日曜、こんどは師匠と出撃、やはり人が多い。



M田さんもKawaさん、豆シバさんと来ていて車中から「おーい」とやってます(笑)



肝心の釣り場は、いい場所に入ったのに上から餌師が下りてくるわ。



やっとこさかかった堰堤イワナは痛恨のブレイクするわ。



最近得意でない両側藪沢ではひっかけまくるわ。



今日は自分の下手さを痛感。



場所を変え下流に行くと今度は猛烈な水量


d0257922_20134500.jpg



まるで庄川のNo1"にいるようだ。


朝から何人も叩いたであろうポイントで29センチのアマゴを師匠が釣ります



d0257922_20140711.jpg



この後、ほとんど僕にやらせてもらいますがなかなか釣れません。



ここで終わりの堰堤下でようやくチビイワナゲット。



写真に撮る気も起らず堰堤下のブロックポイントでやっと写真サイズが。




d0257922_20142981.jpg



今日は訳ありで3時にしゅーりょー



両日とも家に帰りそのまま爆睡です。



ここの渓は家から一番近いのですが道中の峠道がものすごくストレス




精神的にものすごく疲れるのです。



でも渓が素敵なので9月は毎年訪れます。




d0257922_20133154.jpg



案内していただいた



M田さん、Yuki師匠ありがとうございました。




しかし、このままでは終われないですね。




[PR]

by naru-kato | 2016-09-26 16:01 | FlyFishing 2016 | Comments(4)

飛騨   アブの猛攻にあい半日で逃げ出す。


日曜日は庄川の遊魚最終日曜、KubさんとまたまたNo1"に出かけました。


最終なんでかなりの混雑を予想し朝2番くらいで着くように今回も遅めの出立。


d0257922_18182116.jpg




massanさんの車が止まってる。たぶん下流に行ったかなー


書置きをして僕らは上流部に


どう見ても今年一番の水の少なさ、プールでは落ち葉が止まってる(汗)


開始直後、イイサイズが出るが乗らず、そのまた直後デカイワナも出るが乗らず


まぁ のんびりやりましょー  と思ったのもつかの間


10時を過ぎたころから超バカでかいアブが増えだし


11時ころには体に10匹はひきつれての釣行。



当初、蜂と思っていたが家に帰って調べるとアカウシアブと判明


どーりで襲ってこないわけだ、しかし血を吸いたいのか体の周りを常に旋回。


集中力がまったく出ません。


d0257922_18231305.jpg




なんとか巻きで1匹釣るも食事タイムではさらに増え続けます。



d0257922_18241620.jpg




天気は最高だけど、この水の少なさ、そしてアブの多さ。



えらい日になった(涙)




d0257922_18251974.jpg




ポイントはほとんどなくなっていてアブと格闘しながら歩いているだけですわ。


おにぎりを食べる為に河原に腰を降ろすと、


一気に20匹位がきます。


ハッカスプレーも効ききません。


タオルを振り回し応戦しますが諦めて、


ベストを脱いで走って別の河原に移動。


5分くらいはベストの廻りをうろついてるので、


なんとかおにぎりにありつけました。



水も少ないし、これでは釣りもまともに出来ません。



あきらめて脱渓、東屋で休んでるとmassan到着



同じように猛攻に遭ったそうな。



しばし3人で歓談しmassanは帰途に。



その後Uさん、IWさんにもばったりお会いします。


流石最終日曜です。


イブはNO1に移動、ここは全くアブはいませんが午前中かなり叩かれた様子



歩くとかなり先の方でも魚が走って逃げます。




d0257922_18293911.jpg



なんとかヤマメと新子釣ってしゅーりょー



今日はアブのせいでメチャ疲れました、林道の帰り道。



頭の中は夕ご飯は何食べるかしか考えていません(爆)



いつもの所で今年2回目のみぞれとんかつ


d0257922_18311339.jpg





Kubさん、いつもありがとうございます。


ここの水域は9月9日までです。



このままでは終われん。



   かもなぁー(笑)








[PR]

by naru-kato | 2016-09-05 18:34 | FlyFishing 2016 | Comments(10)

奥飛騨   お盆の帰省の帰りにちょと

毎年、お盆休みは富士の実家で過ごします。今年は許しが出て僕だけ早めに富士を脱出


目指すは奥飛騨温泉郷、中央道を北上し、奈川度ダムを通過、安房トンネルを抜け


ほとんど、自宅からと同じ距離を走り宝橋でKubさん、と16時に合流。





d0257922_13354411.jpg




早速有名ポイントをやりますが


さすがお盆休み。



かなり叩かれ厳しい状況


イブニングに陣取った場所で



フライが見えなくなるまで釣り続け


d0257922_13365954.jpg



28センチのイワ君ゲット。



フライが見えないのでライズで合わせました。



日ごろNo2のイブニングでこういう釣り方やってるのでね。



その後。さらにデカい奴が。



僕の渓流フライ歴でこんなに強い引きの魚は初めて。


というくらいの魚が掛かりました。


立ち位置が石の上で川底が全く見えない状況でのやり取り。


3分くらい頑張ったがそのうち非常に冷静になってきた。


川に降りれない以上寄せきれない。


糸も細いのだし。



「この魚、獲る事は無理かなー」



そのうち最後の力を振り絞り猛然と下流にダッシュ



「あぁーヤバい」と叫んだとたん「プッツン」と糸が切れた。



「しぁーないなぁー」なぜか絶叫も起きずイブは終了。



あとで糸を見たらジョイントではないところで切れていた。



d0257922_13433527.jpg



荒神の湯につかりKuBさんと小宴会



月と雲のバランスが絶妙。



d0257922_13451144.jpg



僕でもこんな綺麗な写真が撮れました(加工はしたけど)



次の朝


d0257922_13455412.jpg




恒例のKubsコーシー。眼がしゃきっとします。



今日は初の左の源流に行く予定でしたが



朝からあいにくの雨、雷注意報も出てるので



また同じ川の別ポイントへ


d0257922_13473675.jpg




途中、土砂降りになりながらも新子との攻防を楽しみます(笑)



d0257922_13480741.jpg




それでも、ライズが獲れればひとまず嬉しい。



d0257922_13485110.jpg




通常なら朝一しかこの時期釣りにならないが



雨のため2時半まで二人で何匹かの新子と遊び岐路につきました。


d0257922_13494089.jpg




最後にもう一度ここに着て


リベンジしたいと思ってます。








[PR]

by naru-kato | 2016-08-16 13:53 | FlyFishing 2016 | Comments(6)

北陸   今年初の渓へ アブと蜂と闘う 


なかなか行こうと思ってもタイミングが合わず行けなかった渓に



M田さん、Kawaさんと行ってきました。



猛暑ですが水はそこそこ冷たくて



ついついこんな感じに(笑)


d0257922_09535983.jpg



これが気持イぃーんですよ。




八時半頃から入ります




脇の流れのブッシュの中にフライ入れて


d0257922_09583452.jpg




ひとまずチビ。



その後本筋に移り



M田さんがここぞというポイントで



d0257922_09595097.jpg




僕の順番、M田さんが「ここは9寸ポイントだよー」



という事で,



d0257922_10020035.jpg




3段下まで下りネットにはいったこいつ。




8寸以上か?と思うくらいの引きでしたが




7寸チョイ、でもヒレが大きいので楽しめました。




上から釣り人が川を下って降りてきたので



場所移動


d0257922_10041494.jpg




休憩後朝と同じコースをリベンジ



M田さん


d0257922_10053455.jpg





Kawaさんもグッドサイズ。



d0257922_10060348.jpg





僕もサイズは伸びませんがそこそこ釣れます。



最後の堰堤でフライが沈んでこいつが


d0257922_10081135.jpg





昨年も同じことあったよなー




では昨年と同じ構図で


d0257922_10084861.jpg




アブと蜂の攻撃にはまいりましたが(予想通り)



なんとか1日楽しめました。



M田さん、Kawaさんありがとうございました。



お盆休みは釣りやるかどーか悩み中です。














[PR]

by naru-kato | 2016-08-08 10:10 | FlyFishing 2016 | Comments(6)