~The Last Time ・・・・ 開田の最終日 

今年最後の釣行、今年からメインにしている開田高原に先週のリベンジをかね行ってきました。

今回はSHUさんと一緒です、名古屋から僕の車で一緒に行きます。現地には7時半に到着。予想どうりS川はどこも車ばかり、それよりも肝心のS川は水が全く無い。これではまずS川は無理だろう。

今回はSHUさんのお友達でFFFインストラクターの資格を持つ[てれんこ^2]さん「浜平」さんと現地で落ち合い4人で釣りをすることになってます。学校裏で皆さんと初めてお会いし、入渓場所を決めます。そして場所はN川になりました、下流のN川C&R区間は何度も釣っていますがこのあたりのN川は全く未知の世界です。「ほぉーこんなとこから入るのか」 車止めまで来ると1台とまってます、林道を下るとさらに2台車が入ってます。禁漁間際だ、人の多さは仕方がない。さーやるか!

小一時間でまず最初のイワナがきました。毛バリは今年の僕の最新モード、オリジナルパクリカディス12番。一瞬ばれたと思い大声で叫びましたが、実はまだついてました。僕は完全にばれてると思ってたので、たるんだラインよりも先にリーダーを手繰ると先端で「ゴンゴン」と生体反応があります。
「なんやー まだかかっとるやん」仕方がないのでリーダーをそのまま手繰りかなりかっこ悪いネットイン。20センチ程のイワナ君
d0257922_8503034.jpg


SHUさんに「12番で出たよー」と話すとSHUさんも「じゃー大きめのフライで行きます」変えた瞬間に竿がまがっとる!

d0257922_964759.jpg


d0257922_97144.jpg


僕はその後23センチを追加し午前中の釣果は2匹のみ、この季節と人の多さなら納得です。

d0257922_913164.jpg


レストランで昼ご飯を食べ午後からはさらに上流に入ります、独特の雰囲気がある渓相です。

d0257922_9145911.jpg

しかしここで本日最初のトラブル発生、なんと 先日張りかえたフェルトソールが半分剥がれた。

d0257922_9162899.jpg


SHUさんがロープを持っていたので靴にぐるぐるに縛りますが、20mくらい歩くと必ずロープがほどけます、しかしこれでも無いよりマシだ、最悪はソール剥がそう。何度も何度もロープを縛り直し釣り上がります。左足にものすごい負担がかかります。あまり無茶はできないな。

途中ライズしているポイントで本日最大(のような)イワナをかけますがフックアウト。しかし違う魚が同じ場所ですぐまたライズしはじめました。気合いで口脇のスレですがかけます。
d0257922_921469.jpg


午前中尺クラスをかけた、てれんこ^2さん。僕がカメラを構えた瞬間に外れてしましました。

d0257922_11135317.jpg

夕方近く今度は非常に水温が低い支流に入ります、ここはヤマトイワナがいます。来てみたかった。

d0257922_9242593.jpg


d0257922_9253468.jpg


どーすればこんな岩盤が形成されるのか? 非常に興味がわきます。

独特の渓相をもつ、この支流。心が洗われます。ここで本日2度目のトラブル発生、なんとリールの爪が折れてドラッグがかからなくなってしまった。当然リールはバッククラッシュの連続。もう心が折れそうです。一時間程で脱渓地点にたどり着いたときはもうイブニングやる力が残ってません。
(先週とまったく同じ状態です) 御岳山だけが綺麗に見えてます。
d0257922_10585742.jpg


車までもどり僕は上がることにしました。SHUさん、てれんこ^2さん 浜平 は本日泊まりの為イブニングやって温泉入るようです。3人とここでお別れし愛知を目指しました。

みなさんご一緒でき、ありがとうございます。特に午後からの場所は一人ではいけそうもない場所です。まだまだ奥の深い開田高原を満喫しました。 

今年の渓流はこれにて終了です、これからはキャストを一からやり直ししたり、大安TL行ったり,ゆっくりオフシーズンを過ごします。 

尺は釣れませんでしたが、いろいろ勉強したシーズンです。この歳になってもまだまだ伸びる要素が沢山あるこの釣りに感謝して2012年は終了となりました。
[PR]

by naru-kato | 2012-09-30 11:08 | FlyFishing 2012 | Comments(14)

Komaganek~Yabuhara   9月病再発

日曜日、旧友のN君と今年初めての釣行です。N君は大安TLの常連です。渓流には一度は行こうと誘ってましたが、やっと今回実行できました。

名古屋を4時に出ますが天気はずーと雨です、「(恵那山)トンネルを抜けると晴れだった」 に期待しましたがますます雨脚は強まります。

大田切川は大好きな渓ですが、かなり渇水してます、雨も凄く降ってますが釣りはできそうです。
しかし魚影が全く感じられません。二人で3時間ほどやりましたがお互い1匹でたのみ。

早めに切りをつけ権兵衛トンネルを抜けて木曽方面に向かいました。木曽本流も水量は少ないです。

2回程ポイントを変えて釣ります。今回は僕は8回程アマゴが出ました。流れの中のたるみからは必ず出てくれます、しかし釣れませんでした。

N君は執念でチビアマゴを釣りあげ ボをまぬがれました。僕は今年4回目の ボ でございます。

d0257922_9132652.jpg


しかし今回でかなり流し方がわかりました。なぜフッキングしないか原因も大方わかりました。すべて自分に原因があります。

今回は納得行くボです。次回最終釣行(いけるかな?)は必ず結果が出ると思います。

3時過ぎにやっと晴れ間がのぞきますがイブニングをやる体力、集中力を使い果たしました。雨の日は特にそうです。  8時に帰宅しそのまま爆睡。  今回は運転もほとんどしてませんがやはり雨の日は疲れますわ。
[PR]

by naru-kato | 2012-09-24 09:16 | FlyFishing 2012 | Comments(8)

One More Time  In 石徹白 

もう一度、最後の石徹白に行きました。上手く仕事がはかどらずまたまた午後からですが。

今回は、またもYuki先生が快く同行してくれました。 13時過ぎに現地に着くと車はまばらです。今回初めてスキー場入口の橋の上から入ります。予想以上に木々がせり出し僕にとっては難しい釣りになりそうでです。

d0257922_2243983.jpg


場所が狭いと思いっきり腕の差が出ます。yukiさんは順調にポイントから魚を引き釣り出しますが、僕はトラブルばかりで川にフライを打ち込むより木から外している方のが時間が長いです。
(今まで何を教わって来たのだろう?今日は全然うまくいかん)


d0257922_228727.jpg


今回はティペットを7xまで落としたり20番の毛針にしたりいろりろやりますが結果は追てきません。

夕方大きなプールは一面ライズが広がります。まだ多少明るいので少し待ちます。ライズは完全にミッジを食べています。

yukiさんが「あのライズは間違いなく尺イワナだ」   僕にゆずってくれましたが釣れません。

ボ だけはまぬがれ19センチのアマゴのライズを仕留めましたが、今回は今までやってきたスクールの教えが生かされませんでした。

出来の悪い生徒ですんません。 ところでyuki先生はかるーく ツ超え です。やっぱりレベルがちがいますわ。  今度キャス練お願いしまーす。

d0257922_22162865.jpg

細身ですが流れに乗って結構引きましたよ!

残すところ あと 2回か。
[PR]

by naru-kato | 2012-09-21 22:18 | FlyFishing 2012 | Comments(8)

南信州 ハートランド牧場・・・・秋晴れだったよ

世間は3連休ですが、僕の場合直前まで天候の都合で毎回早くから予定が立たず、今回も土曜日は午前中仕事です。なんとか13時半に家に戻りそこから2時間かけてキャンプ道具を積み込み3時に家を出ました。天気図で雨雲の流れをじっくり研究し、今回は長野が雨が降らないことを確信しインターネットで南信州は飯田市周辺のキャンプ場を探します。
目にとまったのが「沢城湖ハートランド牧場」のオートキャンプ場。早速電話してみると「どーぞ来てください」とのこと。なんとか17時までには行けるだろう。我が家は一気にアウトドアモードに突入です。
d0257922_20495148.jpg

ここは、牧場が主体の山荘およびキャンプ場です。学生の乗馬クラブや、オリンピックの近代5種目の乗馬の選手などが練習に来るそうです。山荘の中はカントリー音楽が流れ、ウエスタンムード満点で、カントリー好きの嫁も気に入った様子です。
d0257922_21411059.jpg



場内は真ん中に池がありその周りに点々とキャンプサイトがあります。乗馬スペースは池の下にあります。我が家はメイン山荘の目の前、一番人気のある芝生のサイトです。


他にもグループで来ている人達が数組いますが、サイトが離れていて、うちのサイトは我が家の貸し切り。しかも15m角くらいの大きなスペースです。しかもドラム缶での準直火ができます。
d0257922_2054610.jpg


設営が遅くなったため夜食は サツマイモ、ジャガイモをアルミホイルで包みそのまま炭火の中に放り込んで焼いた我が家得意のイモ三昧です。

d0257922_237181.jpg


なんとか19時には設営完了、早速先日買ったコールマンノーススターランタンが活躍します。そして夜の星空のきれいなこと。写真は撮れませんが家で見る星の数の20倍は見ることができました。

d0257922_20444539.jpg

明けて16日、日曜日。長男のminaいわく「今日は馬に乗って、ボートも乗って、釣りもやるもんねー」

お前 そんだけフルコースで遊ぶといくらお金を使うのか,わかっとんのか?

財布の心配を無視してやる気満々です。実は本日は長女のsalaちゃんの3歳の誕生日なのです。まあ二人で楽しめればいいから、誕生プレゼントの代わりに全部やるか。

d0257922_2184080.jpg


d0257922_2191427.jpg


ちなみにニジマスは釣れませんでした、時たまものすごいライズするのですが水温25度。底に沈んでいるのでしょう。minaいわく「もっと糸だして遠くの魚釣ればいいじゃん」「近くの魚は警戒して釣れないとおもうな」 よくわかってんじゃねーか、でも遠くまで投げる腕がないんだよ俺には!

次は乗馬です、手引きで池の周りをまわります、salaちゃんはやはり怖くて乗れませんでした。偉そうにminaはテンガロンハットをかぶって乗りたいとスタッフのお姉さんにねだります。
d0257922_21144961.jpg


d0257922_21151961.jpg


山羊とも戯れます。ここは川遊びができない事以外は最高なキャンプ場です。最新の設備があるわけではありませんがスタッフの人達がフレンドリーで僕たちが来た事を本当に喜んでくれました。

d0257922_21202847.jpg


d0257922_21211111.jpg


最終日、ほんの少しだけ朝方雨が降りましたが、ほとんどが晴天。今年4回目のキャンプで初めての事です。しかも撤収中は山荘でスタッフの方々が子供の面倒を見てくれて非常に効率よく荷物をまとめることができました。最後は手作りの幌馬車の前で家族写真を撮ってくれました。

d0257922_21275277.jpg


d0257922_21282828.jpg


d0257922_2129129.jpg


かなり無理なスケジュールでしたがチェックアウトも融通きかせてくれて非常にリラックスできた2.5日です。夜一人で芝生に寝転がりビール飲みながら夜空を見上げていた時は本当に素晴らしい時間でした。沢城湖ハートランド牧場の皆さま本当にありがとうございました。

追記 しかし愛知県に帰ると大雨、車から家に運び込む荷物はほとんどびしょ濡れ。相変わらず詰めが甘い私です(涙)
[PR]

by naru-kato | 2012-09-17 20:45 | Camp | Comments(6)

~Revenge・・・・石徹白は ボチボチでんな

おかげさまで6月にブログ開設して以来、述べ1000人の方が見に来てくれました(少なぁー)。ブログランキングの上位の人たちは一日で1000人くらいと聞きます。別にそれが目的でブログやってるわけではないし、これからもボチボチやっていこうと思いますが、最近ブログネタを探しに釣りに行ってるような気もします(だんじてそんなことありませんが月8回もUpしてると・・・・)。

ところで、今の会社に2年半前転職して今年から本格的に釣りに行けるようになりました。前の会社は月に2回くらいしか休みがなかったので釣りを復活できたのも転職したおかげです。ということで先週に引き続き午前中で仕事終えてイブニングのみ。今回は2回とも惨敗だった石徹白に最後の挑戦です。

前回までの2回はスランプ中でしたので20センチ以上は釣れませんでした。しかし、その後私は2回もYuki先生のスクールを受講しているのです。
待ってろよ尺イワナ
3時に現着、車は数台程。思ったより人はすくなそうだ。アマゴ園の少し下から入ります。

なんと2投目でアマゴがきました。 17センチ。フライはオリジナルカディス14番(本当はYuki先生のパクリ)  ひとまず ボ は免れた。残り時間2時間半 今日はよさそうな予感。

d0257922_2273770.jpg


そしてアマゴ園まえのGoodポイントでスクールの成果がでました。「明日の為に 其の一   ドライフライが波にもまれて沈んだときは必ず合わせを入れるべし」

フライが見えないので「ビシッ」と合わせると「グゥグゥグゥー」 「おぉおー掛かっとるやんけ」しかもイイサイズだ。ローリングしまくるアマゴが寄ってきます、先週はここで落とした。今日はラインをたるませないように…足元に寄せてきます。しかしアマゴは僕の足を通り過ぎて一気に下流へ。あわてるな、これも計算どおりだ。なんとかくい止めネットイン。
間違いなくアマゴ園からの脱走ではなく本流から差してきたアマゴだ(と思う)26センチです。気持ちイイー

d0257922_22252170.jpg


すぐに今度は20センチのイワナがきます。一時間で3匹。まあまあです。しかし橋の下の大物ポイントで間違いなく尺イワナがフライをずーと追ってきて「プィ」と見切られUターンされました。
ここで喰わすのが上級者なんですが、まだまだ修行が足りません。場所を変えて今度はバンガローの下流から入ります、2~3回出ますがフッキングしません、が石の横を流すとスーとフライが消えます。

こんどは25センチの先ほどと同じようなアマゴです。  イブニングはいよいよ尺かぁ?

d0257922_22321244.jpg


スキー場の橋の前後も人が入っています、仕方なく最初に入ったポイントに戻り暗くなるまでやりましたが今度は全く出ません。途中ライズしているチビアマゴを釣りましたが大物は出ません。そんな中、暗いので石で滑りこけそうになった時、完璧尺オーバーのアマゴらしき魚体が足元から逃げていきます。 「あぁーあ 今日はこれで終わりやな」。

予想外でしたがアマゴのほうが沢山釣れました。どちらかというとアマゴ好きな僕には良い結果です。

ひとまずリベンジは果たしたような気がしますが、まだ今年は尺を釣ってません、(っーか前に釣ったのは復帰前の8年前ですけど)残りあとわずか。釣りに行けるのはあと2回程です。

厳しくなってきたぞー。
[PR]

by naru-kato | 2012-09-12 22:08 | FlyFishing 2012 | Comments(6)

やることやらねば 釣りにはいけましぇん

其の一 瀬戸物祭り

昨夜、仕事終えて帰ってくると、今から「Sさん家族と瀬戸物祭りの花火を見に行くんだわー」と嫁。
早速着替えて電車で瀬戸に行きました。実は瀬戸物祭りはここに越してきてから毎回行ってるんです。今年で81回目の開催(っー事は昭和初期からやってるっていうことか)小雨でしたが尾張旭の駅に着くと虹が出ています。花火は開催されそうだな。
d0257922_8324421.jpg


尾張瀬戸の駅は凄い人です、一年で一番瀬戸に人が多く集まっています。
d0257922_835239.jpgd0257922_8354837.jpg


橋の上で座って花火を見物、僕は有名な焼きそばを25分ならんで買いました。
d0257922_8373418.jpgd0257922_838712.jpg


花火終了後焼き物の屋台を廻ります。僕の目指す屋台は女性だけのスタッフでやっている「窯元 渓泉」さんのブース。「本日のイベントは間もなく終了です」の場内放送が聞こえる中、やっと見つけました。毎回ここの陶器を購入しています。特に陶器が大好きというわけではありませんが、なぜか渓泉さんの陶器は欲しくなるんです。たぶん名前が素敵だからでしょう。
d0257922_8495547.jpg

一目で気に入った織部のマグカップ、でも1個1800円、たっ高すぎる。しかしお姉さんに2個買うから半額にしてと頼むとあっさりOKです。。(価格なんてあってないようなもんだ、さすが瀬戸物祭り)
それでもかなりの出費、でもこのカップでコーヒー飲みたいので買うことに。

別のブースでは嫁が茶碗を買いましたがここでも「ついでにこれとこれも持ってけー」余分に茶碗をもらいました(売るほうも酔っ払ってます、さすが瀬戸物祭り)

其の二 ガーデニング

3週間ぶりの日曜休み、先日仕事先で余ったウッドデッキ材をもらってきました。早速庭に出るコンクリート製の土間にウッドデッキを張りました。

d0257922_1244134.jpg


半日かけて作製、プチリゾートホテルのようになりました、ちなみに床のタイル、その他すべて仕事の余り物でできてます
d0257922_12493312.jpg


よーし完成。  今週は沢山ゴマすっておこう!
[PR]

by naru-kato | 2012-09-09 08:38 | Famiria | Comments(4)

~Hard Times ・・・・ 最後の庄川 無念じゃ。

昨日、午前中に仕事を切り上げ庄川を目指しました。
12時半に名古屋を出て、途中休憩をはさみ2時半に庄川に到着、今日は初めてのT川をやろうと思い、川沿いを走ります。
どこもかしこも車が止まっています、さすが禁漁間近、どこも入れません(涙)

仕方がないので、本命のI川に行きました。

やはり、ここでもほとんどのポイントに車が止まっています。水曜日は人気あるんだろうか?

しかしスキー場まで行くと車は1台しかいません、
「やったー  ラッキー」 

林道を歩いて人がいないところを探し渓に入るつもりでしたが、めんどくさいのでスキー場の橋の下から入ります。

魚は結構反応あるもののなかなかフッキングしません、フライサイズをおとして先日釣ったCDCアントにしてみました。

すかさずアマゴが出ました、「よーし、よーし いいサイズだ、25ぐらいありそうだな」

しかし、目の前で余裕のランディングしようとしたところ・・・・ぼちゃん  おとした(涙)

「だっー  またやった」 今年これで3回目のランディング寸前バラシ。
ラインがたるんでいるのか、心がたるんでいるのか。  これが運のつき。

その後さっぱり釣れません、出ても乗らないばかりです。

d0257922_16144523.jpg


一時間半ほど釣り上がりますが、だんだん一人では怖くなってきました。(僕 非常に気が弱いんです) ここはあきらめ 下流の第3堰堤でイブニングをやることにします。

着くとすでに他の車はいません、堰堤下のプールでライズを待ちます。
6時頃からチビイワナがライズし始めます、僕のフライが大きいのかなかなか釣れません。

そのうち堰堤上でもGOODサイズが跳ね出します、あたりはもう真っ暗。今年初めてライトをつけ
フライを8番のトビケラにします、すこし雨が降ってきました。フライも見えません。

僕の描いたシナリオでは、岸すれすれにこのフライを流し、音で合わせて尺イワナゲットです。

一投目、もうすぐ「バシャ」という音が・・・・  すると「ドッカーン」

山の上で閃光が走りました。「ヤバイ、でももう少しは大丈夫か」

急に雨が強くなってきます、もう少し雷、待ってくれ・・・「ドッカーン」

あかん  猛然とダッシュで車まで戻りました。 なぜかフライは無くなってました。
ベストもウェーダーもつけたまま一気に道の駅まで戻り着替えをしました。
もう完全に雷雨です。そこらじゅうで山が光ってます。 「危なかった」

「あっーまたやってしまった。今年3回目の ボ です。 今年はこれで庄川は終わりです。

9月って 毎年釣れないんですよねー (僕の場合)

今日は雷に打たれないでよかった、としておきましょう!  
[PR]

by naru-kato | 2012-09-06 16:30 | FlyFishing 2012 | Comments(8)

夏休み最後の日曜日 だというのに。

昨日の日曜日、朝から名古屋一の繁華街、錦2町目にて居酒屋のプチ改装工事です。現地につくと「うわぁーまぶしーもう朝じゃん」などとつぶやくホステスの女の子がたくさんいます。10時をすぎるとほとんど人通りもなくなりガラーンとした街になります。

工事は順調に進み3時半には撤収出来ました。

家に帰ると誰もいません、嫁に電話すると「スカイワードにいるからおいで」 

d0257922_631373.jpg


d0257922_6323719.jpg


尾張旭市で一番背の高い建造物。はっきし言って デザインが・・・・  

最上階に上がると名古屋駅とかトリトンとか御岳、白山連峰なんかもよく見えますよ

スカイワード旭は尾張旭市の展望台で市民はタダで登れます!(市民でなくてもタダですけど)
我が家にとっては憩いの場所です。展望の他にも天体観測室やら街の歴史常設展やら夜景を見ながら食事できるレストランなどがあります。今日はここで折り紙の作り方教室があったみたいです。

d0257922_6375147.jpg


9月〜10月にかけて市民祭、市民文化祭、その後クラッシックカーショー、ハロウィンなども昨年は有りましたから今年も行われることでしょう。
d0257922_6403572.jpg


夕方から子供達と遊んで、今日一日家族サービスした気分になりました。

さて9月に入り渓もラストスパートです。嫁に「今月で渓流釣りは終了、来年の4月までいかないから沢山行かせてくれ」と嘆願しました。 たぶん4回は行くと思います。

昨年プレ復活して、今シーズンは完全復帰したフライですが、まだ目標達成(もちろん尺超)してません。

頑張るぞー。
[PR]

by naru-kato | 2012-09-03 06:48 | Famiria | Comments(4)