Rize Game     大安TL 楽しい季節がきました。

11月3日 文化の日  午前中仕事をいつもどうりやっていて、そういえば今日は祭日かぁ。いつもの菰野町の仕事場を午前中に完了し、午後から大安TLにやってきました。さすがに今日は朝から携帯が鳴りません。気兼ねなく釣りに没頭できそうです。

前日に友人のN君から「明日も行くけど魚の状態はどう?」と僕にTelが入りました。N君は大安の超常連ですが、今の僕は仕事場が近いため2日に一回は顔を出してるので「そろそろライズが始まったよ」と伝えておきました。3日前も夕方竿を出しました。かなりライズが多かったですけど、釣れなくて悔しい思いをしたことも伝えました。

1時に到着しYuki先生に挨拶して桟橋を眺めます、かなりの人が入ってます。かろうじて少しだけスペースを見つけ2時から釣り始めます。その後2時間全く当たりなし。周りの人もあまり釣れていません。N君が午前中は凄く良かったと言ってますので夕方に期待します。

4時頃、赤いモップフライで2回掛りますがすぐブレイクします、4時過ぎN君がユスリカのシャックフライでマスを釣りました。いよいよドライで出る時間です。

僕もシャックフライに変えます、Yuki先生も隣で釣り始めます。4時半頃僕のフライにニジマスが「ガボッ」と出ました。
d0257922_2215177.jpg

 (Yuki先生のホームページから写真を拝借しました)

その後立て続けに2回ヒット!  すべて35~38cmくらいのサイズです。「気持ちイイー」

先生より少しはキャストが良くなった、とほめられさらにうれしくなります。

そして5時過ぎ。いよいよ本格的なユスリカの羽化が始まる時間がやってきます。

し し しかし なぜか今日に限って羽化がほとんどありません。先生も「何か原因があるのだろうか?」不思議そうです。結局ユスリカの羽化が無いためイブニングライズは散発でした。

3日前はかなりあったのになぜだろう?その後N君と最後まで頑張りましたが結局竿は曲がりませんでした。

こんな日もあるのは仕方がないです。でもこの大ユスリカのライズは今年はまだ始まったばかりです
僕が大安TLに行くのは今の仕事場が近い事もありますが、あくまでキャストの向上の為が大前提です。しかしこの釣りもハマりそうです。(でも菰野町の住宅リフォームももう完了、今度は津市なんで遠くなり厳しくなりそう)

d0257922_222730100.jpg


僕の作ったシャックフライ#16   ポストは茶色のラムズウールです。
[PR]

by naru-kato | 2012-11-03 22:15 | FlyFishing 2012 | Comments(6)

Let's Study  Fly Casting

昨日は日曜出勤、場所は三重県菰野町の住宅のリフォームです。実はこの住宅、大安トラウトレイクからわずか3分のところにあります。

午前中に仕事を済ませ午後から行ってきました。

d0257922_19585430.jpg


今回は午後からYuki先生のキャストスクールをお願いしてます。

2時間ほど桟橋で練習しましたが、今までの僕のキャスティングとかなり違います(っーか僕のが我流で本来のキャストではないのでした)。今までと違う筋肉を使うので少し振るだけで肩が上がらなくなります。


なんとか形になってきましたがWホールを入れるとぐちゃぐちゃになります。

自分ではWホールも出来てるつもりだったのですが、また一からやり直しですわ。

d0257922_2034511.jpg


今回で理論的な事が解り、何故いままでトラブルが多かったのか非常によくわかりました。

そして夕方から釣りを始めます、一度だけ大きいマスが掛かりましたがブレイク、今はまだ喰いが浅いそうで掛かりが悪いみたいです。

d0257922_20114457.jpg

「当たらんなぁー」

夕方、真っ暗になりライズが始まりました。16番のフローティングニンフにかえ狙います。横で先生が「出たー」

全く重みがないが確実にかかってるのはブルーギルでした。 その後も同じようにギルを釣り本日は終了。

まぁいいか、これからキャス練にも力が入りそうでモチベーションが上がりました。

YUki先生 どーもありがとうございました!
[PR]

by naru-kato | 2012-10-22 20:15 | FlyFishing 2012 | Comments(6)

~A River Runs Through It・・・・2012年のフライフィッシング

すいません。少し表題がカッコよすぎましたかね?

一昨日で僕の2012年の渓流フライフィッシングは終了しました。納得いったようで納得していません。

この釣りを初めて既に27年が経ちます、7年間辞めていた時期もありますので実際は20年のキャリアです。

今年は若いときに富山釣行に熱中した時期と同じくらい没頭しました。3年前に転職したおかげで沢山時間もでき20日間も渓流に行くことができました(半日釣行も含む)

若いときは技術よりも渓に行くこと自体に熱中して無茶な計画ばかりでした、そのときいつも一緒だった相棒は既にこの世にはいません。だから昨年この釣りを復帰しても、渓には一人でいくだろうと自分自身考えていました。

d0257922_2213899.jpg



しかし自分で一歩踏み出せたおかげで、思わぬ大勢の方々と知り合いになれ、さらにもう一歩踏み出しスクールで勉強したおかげで今まで知らなかった技術(自分が知らなすぎた事も多々あります)を覚えて今まで何故釣れなかったのか非常に分かった気がします。もちろん技術は今後も沢山習得していかなければなりません。

d0257922_21235552.jpg



今年、沢山の方々と出会い、さらにそのつながりでもう一廻り出会いがあった事に感謝します。

そして、まだお会いしていないですが、ブログを通して知り合いになれた方々にも感謝し、来年渓でお会いできる事を期待してます。

そして・・・決して沢山ではありませんが、出会えた素晴らしい渓流魚達にも感謝して今シーズンを終わりにします。

d0257922_2271448.jpg



どうもありがとうございました。
[PR]

by naru-kato | 2012-10-01 22:10 | FlyFishing 2012 | Comments(8)

~The Last Time ・・・・ 開田の最終日 

今年最後の釣行、今年からメインにしている開田高原に先週のリベンジをかね行ってきました。

今回はSHUさんと一緒です、名古屋から僕の車で一緒に行きます。現地には7時半に到着。予想どうりS川はどこも車ばかり、それよりも肝心のS川は水が全く無い。これではまずS川は無理だろう。

今回はSHUさんのお友達でFFFインストラクターの資格を持つ[てれんこ^2]さん「浜平」さんと現地で落ち合い4人で釣りをすることになってます。学校裏で皆さんと初めてお会いし、入渓場所を決めます。そして場所はN川になりました、下流のN川C&R区間は何度も釣っていますがこのあたりのN川は全く未知の世界です。「ほぉーこんなとこから入るのか」 車止めまで来ると1台とまってます、林道を下るとさらに2台車が入ってます。禁漁間際だ、人の多さは仕方がない。さーやるか!

小一時間でまず最初のイワナがきました。毛バリは今年の僕の最新モード、オリジナルパクリカディス12番。一瞬ばれたと思い大声で叫びましたが、実はまだついてました。僕は完全にばれてると思ってたので、たるんだラインよりも先にリーダーを手繰ると先端で「ゴンゴン」と生体反応があります。
「なんやー まだかかっとるやん」仕方がないのでリーダーをそのまま手繰りかなりかっこ悪いネットイン。20センチ程のイワナ君
d0257922_8503034.jpg


SHUさんに「12番で出たよー」と話すとSHUさんも「じゃー大きめのフライで行きます」変えた瞬間に竿がまがっとる!

d0257922_964759.jpg


d0257922_97144.jpg


僕はその後23センチを追加し午前中の釣果は2匹のみ、この季節と人の多さなら納得です。

d0257922_913164.jpg


レストランで昼ご飯を食べ午後からはさらに上流に入ります、独特の雰囲気がある渓相です。

d0257922_9145911.jpg

しかしここで本日最初のトラブル発生、なんと 先日張りかえたフェルトソールが半分剥がれた。

d0257922_9162899.jpg


SHUさんがロープを持っていたので靴にぐるぐるに縛りますが、20mくらい歩くと必ずロープがほどけます、しかしこれでも無いよりマシだ、最悪はソール剥がそう。何度も何度もロープを縛り直し釣り上がります。左足にものすごい負担がかかります。あまり無茶はできないな。

途中ライズしているポイントで本日最大(のような)イワナをかけますがフックアウト。しかし違う魚が同じ場所ですぐまたライズしはじめました。気合いで口脇のスレですがかけます。
d0257922_921469.jpg


午前中尺クラスをかけた、てれんこ^2さん。僕がカメラを構えた瞬間に外れてしましました。

d0257922_11135317.jpg

夕方近く今度は非常に水温が低い支流に入ります、ここはヤマトイワナがいます。来てみたかった。

d0257922_9242593.jpg


d0257922_9253468.jpg


どーすればこんな岩盤が形成されるのか? 非常に興味がわきます。

独特の渓相をもつ、この支流。心が洗われます。ここで本日2度目のトラブル発生、なんとリールの爪が折れてドラッグがかからなくなってしまった。当然リールはバッククラッシュの連続。もう心が折れそうです。一時間程で脱渓地点にたどり着いたときはもうイブニングやる力が残ってません。
(先週とまったく同じ状態です) 御岳山だけが綺麗に見えてます。
d0257922_10585742.jpg


車までもどり僕は上がることにしました。SHUさん、てれんこ^2さん 浜平 は本日泊まりの為イブニングやって温泉入るようです。3人とここでお別れし愛知を目指しました。

みなさんご一緒でき、ありがとうございます。特に午後からの場所は一人ではいけそうもない場所です。まだまだ奥の深い開田高原を満喫しました。 

今年の渓流はこれにて終了です、これからはキャストを一からやり直ししたり、大安TL行ったり,ゆっくりオフシーズンを過ごします。 

尺は釣れませんでしたが、いろいろ勉強したシーズンです。この歳になってもまだまだ伸びる要素が沢山あるこの釣りに感謝して2012年は終了となりました。
[PR]

by naru-kato | 2012-09-30 11:08 | FlyFishing 2012 | Comments(14)

Komaganek~Yabuhara   9月病再発

日曜日、旧友のN君と今年初めての釣行です。N君は大安TLの常連です。渓流には一度は行こうと誘ってましたが、やっと今回実行できました。

名古屋を4時に出ますが天気はずーと雨です、「(恵那山)トンネルを抜けると晴れだった」 に期待しましたがますます雨脚は強まります。

大田切川は大好きな渓ですが、かなり渇水してます、雨も凄く降ってますが釣りはできそうです。
しかし魚影が全く感じられません。二人で3時間ほどやりましたがお互い1匹でたのみ。

早めに切りをつけ権兵衛トンネルを抜けて木曽方面に向かいました。木曽本流も水量は少ないです。

2回程ポイントを変えて釣ります。今回は僕は8回程アマゴが出ました。流れの中のたるみからは必ず出てくれます、しかし釣れませんでした。

N君は執念でチビアマゴを釣りあげ ボをまぬがれました。僕は今年4回目の ボ でございます。

d0257922_9132652.jpg


しかし今回でかなり流し方がわかりました。なぜフッキングしないか原因も大方わかりました。すべて自分に原因があります。

今回は納得行くボです。次回最終釣行(いけるかな?)は必ず結果が出ると思います。

3時過ぎにやっと晴れ間がのぞきますがイブニングをやる体力、集中力を使い果たしました。雨の日は特にそうです。  8時に帰宅しそのまま爆睡。  今回は運転もほとんどしてませんがやはり雨の日は疲れますわ。
[PR]

by naru-kato | 2012-09-24 09:16 | FlyFishing 2012 | Comments(8)

One More Time  In 石徹白 

もう一度、最後の石徹白に行きました。上手く仕事がはかどらずまたまた午後からですが。

今回は、またもYuki先生が快く同行してくれました。 13時過ぎに現地に着くと車はまばらです。今回初めてスキー場入口の橋の上から入ります。予想以上に木々がせり出し僕にとっては難しい釣りになりそうでです。

d0257922_2243983.jpg


場所が狭いと思いっきり腕の差が出ます。yukiさんは順調にポイントから魚を引き釣り出しますが、僕はトラブルばかりで川にフライを打ち込むより木から外している方のが時間が長いです。
(今まで何を教わって来たのだろう?今日は全然うまくいかん)


d0257922_228727.jpg


今回はティペットを7xまで落としたり20番の毛針にしたりいろりろやりますが結果は追てきません。

夕方大きなプールは一面ライズが広がります。まだ多少明るいので少し待ちます。ライズは完全にミッジを食べています。

yukiさんが「あのライズは間違いなく尺イワナだ」   僕にゆずってくれましたが釣れません。

ボ だけはまぬがれ19センチのアマゴのライズを仕留めましたが、今回は今までやってきたスクールの教えが生かされませんでした。

出来の悪い生徒ですんません。 ところでyuki先生はかるーく ツ超え です。やっぱりレベルがちがいますわ。  今度キャス練お願いしまーす。

d0257922_22162865.jpg

細身ですが流れに乗って結構引きましたよ!

残すところ あと 2回か。
[PR]

by naru-kato | 2012-09-21 22:18 | FlyFishing 2012 | Comments(8)

~Revenge・・・・石徹白は ボチボチでんな

おかげさまで6月にブログ開設して以来、述べ1000人の方が見に来てくれました(少なぁー)。ブログランキングの上位の人たちは一日で1000人くらいと聞きます。別にそれが目的でブログやってるわけではないし、これからもボチボチやっていこうと思いますが、最近ブログネタを探しに釣りに行ってるような気もします(だんじてそんなことありませんが月8回もUpしてると・・・・)。

ところで、今の会社に2年半前転職して今年から本格的に釣りに行けるようになりました。前の会社は月に2回くらいしか休みがなかったので釣りを復活できたのも転職したおかげです。ということで先週に引き続き午前中で仕事終えてイブニングのみ。今回は2回とも惨敗だった石徹白に最後の挑戦です。

前回までの2回はスランプ中でしたので20センチ以上は釣れませんでした。しかし、その後私は2回もYuki先生のスクールを受講しているのです。
待ってろよ尺イワナ
3時に現着、車は数台程。思ったより人はすくなそうだ。アマゴ園の少し下から入ります。

なんと2投目でアマゴがきました。 17センチ。フライはオリジナルカディス14番(本当はYuki先生のパクリ)  ひとまず ボ は免れた。残り時間2時間半 今日はよさそうな予感。

d0257922_2273770.jpg


そしてアマゴ園まえのGoodポイントでスクールの成果がでました。「明日の為に 其の一   ドライフライが波にもまれて沈んだときは必ず合わせを入れるべし」

フライが見えないので「ビシッ」と合わせると「グゥグゥグゥー」 「おぉおー掛かっとるやんけ」しかもイイサイズだ。ローリングしまくるアマゴが寄ってきます、先週はここで落とした。今日はラインをたるませないように…足元に寄せてきます。しかしアマゴは僕の足を通り過ぎて一気に下流へ。あわてるな、これも計算どおりだ。なんとかくい止めネットイン。
間違いなくアマゴ園からの脱走ではなく本流から差してきたアマゴだ(と思う)26センチです。気持ちイイー

d0257922_22252170.jpg


すぐに今度は20センチのイワナがきます。一時間で3匹。まあまあです。しかし橋の下の大物ポイントで間違いなく尺イワナがフライをずーと追ってきて「プィ」と見切られUターンされました。
ここで喰わすのが上級者なんですが、まだまだ修行が足りません。場所を変えて今度はバンガローの下流から入ります、2~3回出ますがフッキングしません、が石の横を流すとスーとフライが消えます。

こんどは25センチの先ほどと同じようなアマゴです。  イブニングはいよいよ尺かぁ?

d0257922_22321244.jpg


スキー場の橋の前後も人が入っています、仕方なく最初に入ったポイントに戻り暗くなるまでやりましたが今度は全く出ません。途中ライズしているチビアマゴを釣りましたが大物は出ません。そんな中、暗いので石で滑りこけそうになった時、完璧尺オーバーのアマゴらしき魚体が足元から逃げていきます。 「あぁーあ 今日はこれで終わりやな」。

予想外でしたがアマゴのほうが沢山釣れました。どちらかというとアマゴ好きな僕には良い結果です。

ひとまずリベンジは果たしたような気がしますが、まだ今年は尺を釣ってません、(っーか前に釣ったのは復帰前の8年前ですけど)残りあとわずか。釣りに行けるのはあと2回程です。

厳しくなってきたぞー。
[PR]

by naru-kato | 2012-09-12 22:08 | FlyFishing 2012 | Comments(6)

~Hard Times ・・・・ 最後の庄川 無念じゃ。

昨日、午前中に仕事を切り上げ庄川を目指しました。
12時半に名古屋を出て、途中休憩をはさみ2時半に庄川に到着、今日は初めてのT川をやろうと思い、川沿いを走ります。
どこもかしこも車が止まっています、さすが禁漁間近、どこも入れません(涙)

仕方がないので、本命のI川に行きました。

やはり、ここでもほとんどのポイントに車が止まっています。水曜日は人気あるんだろうか?

しかしスキー場まで行くと車は1台しかいません、
「やったー  ラッキー」 

林道を歩いて人がいないところを探し渓に入るつもりでしたが、めんどくさいのでスキー場の橋の下から入ります。

魚は結構反応あるもののなかなかフッキングしません、フライサイズをおとして先日釣ったCDCアントにしてみました。

すかさずアマゴが出ました、「よーし、よーし いいサイズだ、25ぐらいありそうだな」

しかし、目の前で余裕のランディングしようとしたところ・・・・ぼちゃん  おとした(涙)

「だっー  またやった」 今年これで3回目のランディング寸前バラシ。
ラインがたるんでいるのか、心がたるんでいるのか。  これが運のつき。

その後さっぱり釣れません、出ても乗らないばかりです。

d0257922_16144523.jpg


一時間半ほど釣り上がりますが、だんだん一人では怖くなってきました。(僕 非常に気が弱いんです) ここはあきらめ 下流の第3堰堤でイブニングをやることにします。

着くとすでに他の車はいません、堰堤下のプールでライズを待ちます。
6時頃からチビイワナがライズし始めます、僕のフライが大きいのかなかなか釣れません。

そのうち堰堤上でもGOODサイズが跳ね出します、あたりはもう真っ暗。今年初めてライトをつけ
フライを8番のトビケラにします、すこし雨が降ってきました。フライも見えません。

僕の描いたシナリオでは、岸すれすれにこのフライを流し、音で合わせて尺イワナゲットです。

一投目、もうすぐ「バシャ」という音が・・・・  すると「ドッカーン」

山の上で閃光が走りました。「ヤバイ、でももう少しは大丈夫か」

急に雨が強くなってきます、もう少し雷、待ってくれ・・・「ドッカーン」

あかん  猛然とダッシュで車まで戻りました。 なぜかフライは無くなってました。
ベストもウェーダーもつけたまま一気に道の駅まで戻り着替えをしました。
もう完全に雷雨です。そこらじゅうで山が光ってます。 「危なかった」

「あっーまたやってしまった。今年3回目の ボ です。 今年はこれで庄川は終わりです。

9月って 毎年釣れないんですよねー (僕の場合)

今日は雷に打たれないでよかった、としておきましょう!  
[PR]

by naru-kato | 2012-09-06 16:30 | FlyFishing 2012 | Comments(8)

Expert    夢の共演

僕の勤めている会社は小さいながらも総合土木建設業です。社内は土木部、建設部、不動産部に別れていて僕は建設部です。土木工事の人たちはよく山に篭もり鉄塔の基礎など作ったりもしています。
昨日は僕のお客様、仕入先の業者などに「明日は山の中に入るので携帯は繋がらないですから電話しないでください」と伝えておきました。たいていの人は「そーか、土木部の応援か?」などと言ってくれます。
山に行くのは事実ですが、実際は渓にいくのでした。でも皆さん仕事と思ってくれました。一応会社の人たちには代休とりまーす。と言って出かけてきました。

前置きが長くなりましたが、昨日Yuki先生とプライベートで平日釣行が実現しました。場所はYukiさんのブログと合わせて飛騨方面ということで・・

8時に釣券(年券を買いました、ここは発行日から1年間有効という素晴らしいシステムなのです。もうどこの水域かお分かりでしょう)を買い目指す支流に向かいます。この川は初めてです、一人では行ってはいけないと言われる川です(クマ、落石、水難事故 等起きるようです)以前から一度行ってみたいと思ってました。

車を林道の終点に止め小一時間程下り川に入ります。人はかなり多いようですそしてYukiさん曰く「ここ3年で一番水量が無い」 難しい釣りになりそうだ。しかし入渓地点からすぐにフライに反応します。すぐにYuki
さんが小場所からGoodサイズのアマゴを釣ります。
d0257922_881231.jpg

凄く綺麗なアマゴです、26〜27センチくらいかなー   イイナー  さすが先生です。

そしてすこし上がったところで道路からYukiさんを呼ぶ声が掛かります。Yukiさんのお知り合いの方々3人
が同じ川でバッタリです、中部の渓流を知り尽くしているUさん、プロショップをなさっているHさん、竹竿ロッドビルダーのSさんです。そして5人で釣りあがることになりました。なんか凄い展開になってきたぞ。

一緒に釣りあがると,自分が今とんでもない人達と釣りをしている事がわかりました。HさんSさんとも竹竿で20〜25ヤードのフルラインキャスト。綺麗なループを作り出し、狙っているピンスポットにフライが静かに着水。まるでマジックだ。ゴルフで例えるならハンディ5以下のシングルの人たちと25の僕が一緒にプレイしている、そんな感じでしょうか。勉強になるというより次元が違いすぎる。

d0257922_912575.jpg


合流してから小一時間、誰も竿は曲がりません、大場所のプールを僕がやることになりました。そしてエキスパートの方々は腰を降ろしお弁当を食べ始めます。「ヤバイ。皆さん見ている。目茶緊張、しかも右岸からのポイントでなれないカーブキャスト。リーダートラブルばかりだと恥ずかしい」  そんな思いでポイントを叩きます。予想どうりリーダーが絡まります。

しかし幸運の神はいるもんです。


こうなったら「フライを交換するふりをして一緒にティペット治そう」この作戦しかない。そして作戦を見事に完了しフライもこのポイント限定のCDCアント18番にしました。そして流心をしつこくしつこく何投もするとフライがスッーと消えました。すかさず合わせました。 中型の見事なアマゴです。
d0257922_850610.jpg


ヤッタゼー  目茶気持ちいいー      皆さんが「オメデトー」 駆け寄ってくれます。涙がでそうです。

その後夕方まで釣り上がり、要所要所で皆さんからレクチャーしていただきました。

そしてYukiさんと再度二人で釣り上がりますが、明らかに先行者の後、魚は出てきません。6時頃僕も体力の限界になり上がりました。  

今日は釣果は納得できませんが凄い経験をしました。改めてエキスパートの皆さんにお礼を言いたいです。

Yukiさんとのプライベート釣行が実現でき有意義な一日となりました。

d0257922_904994.jpg


予定どおり行き帰りの道中は音楽の話ばかりです、Yukiさんの趣味のカントリー系ロックをかけ音楽話に盛り上がりました。  楽しかった一日です 。Yukiさんありがとうございました。またお願いします!。
[PR]

by naru-kato | 2012-08-28 02:40 | FlyFishing 2012 | Comments(8)

~Summertime Blues・・・・釣り三昧 いや 惨敗。

ひと月ぶりに開田高原へ行ってきました。今回はミクシィで知りあったJKさんとご一緒です。
そしてご家族で開田に来ているSHUさんに連絡し、朝一番のみ3人で釣り上がります。

d0257922_18414630.jpg


S川本流、多少増水しているようだが、渇水よりははるかにましです。
3人で順番にポイントを入れ替わり釣り上がります。
予想通り人はどこも入ってます、雨も降ったり止んだり。

d0257922_18451452.jpg

9時までの約束で同行してもらい、ポイントを案内していただいたSHUさん

その後JKさんと二人で何箇所か場所を移動。しかしどこにも人ばかり、その後本格的な雨となり
d0257922_1921276.jpg

18センチほどのイワナ3匹、チビ1匹。雨足の強くなった開田を3時に諦め木曽川本流を目指します。

木曽福島までくると全く雨は降っていない様子、目指す薮原も同じで川もイイ感じです。

開田高原だけ限定で雨だったのかぁ  

イブニングはポツポツとアマゴのライズがあるがなかなか出ません、かなり小さい虫を食べてるようだ。
やけくそで20番のミッジピューパでチビアマゴをつりあげるも本命のGoodサイズはかかりません。

そのうち近所の3人組のボウズが後ろで見学しにきました。
「おじさん 何やってんの?」
見ればわかるだろー 「釣りだよ」
「何が釣れるの」
「アマゴだよ」
「釣ったの見せてー」
「いや  逃がしちゃったー」
その後勝手に喋ってます。  きっとこの人楽しむためにやってるんだよー。 服がかっこいいねー
この人は達人に違いない、だって糸がどんどん長くなってる。・・・・云々 多少照れる。

「僕たち愛知県から来てるんだ」リーダー核の坊主が言います。そーか地元の子じゃないんだ。里帰りしてる子供たちかぁ
d0257922_19182643.jpg

「おじさんも愛知県からきてるんだ」 急に親近感が湧いてきます。

アマゴが見たいというので、なんとか釣り上げ見せてやろうと思い、フライをとっかえ引っ変え頑張りますが
一向に魚は見向きもしません。途中坊主と話してる時一度だけ「ガブッ」とgoodサイズが出ますが乗りません。
「やっぱ・・この人釣れないんじゃないのか」  子供たちが疑い出します。

仕方がないさっき釣ったチビアマゴの写真を見せました。

「どーだぁ これがアマゴだっ」 
d0257922_19224579.jpg
 

何となく撮った写真。ピンボケですが、子供たち 「うわぁ デカー  メチャキレイ」  
何を基準にデカいと言ってるかわかりませんが、ひとまず信頼回復。しかし結局いいサイズは釣れませんでした。

「じゃーねー」 子供たちと別れてさらに粘りますが釣れません。JKさんも出るけど乗らない様子。
6時に本日の釣りは終了です、まだやりたいけど帰りの渋滞が心配です。
JKさんとまた再開の約束をし別れます、そして19号線の渋滞を見越し初めて権兵衛トンネルを抜け伊奈を目指します。そして峠を超えると素晴らしい盆地の景色を堪能し途中SAで爆睡し11時に帰宅。

久しぶりにめいっぱい釣りしました。釣果は不満が残りますが楽しかったです。

JKさん SHUさん 本当にお疲れ様&ありがとうございます。
[PR]

by naru-kato | 2012-08-16 18:45 | FlyFishing 2012 | Comments(6)