Yuki,s FlySchool    目から鱗が落ちました。

6月30日 Yukiさんの渓流スクールのため庄川の支流はI川を訪れました。約束の時間に先生と落ち合いポイントへ目指します。I川はフライ銀座です。しかし本日はそれほど人もいないようでGoodポイントに入れました。
先生は大安TLでも勤務されていて、お話したこともありました。そして何よりカントリーミュージュクが大好きで僕と同じミュージャシャンを贔屓にしています。以前より教えていただくのはYukiさん
しかいないと思っていました。
   
d0257922_8515717.jpg
     
最初に僕の普段の釣りを見ていただき、そこでどこが悪いか先生にチェックしてもらいました。
キャストの悪い癖、フライの流し方、移動するときのロッドのしまい方、などなど
一番驚いたのはキャストです。僕が今までやってきたのとまったく違う。僕はロングリーダーの釣りというものを全く理解していなかったのです。 そして先生がデモでキャストすると、何と一投目でイワナがスローモーションのようにのようにフライをくわえます、初めて見た、こんな光景。
d0257922_8485074.jpg


いきなり良型のイワナがかかりました。    やはり凄ウデです。

d0257922_8505167.jpg

最初のうちはぼくも緊張、動揺し、頭の中はパニックになってました。「俺の今までの経歴はいったいなんだったのだろう?」 しかも先生の言われることのキャスト理論は理解できるのですが、何度やっても上手く投げれません、長年の悪い癖が邪魔しているようです。

午前中、何とかチビイワナを1匹つりあげ、最後のGood ポイントで上手く投げれるようになり、フライがゆっくりドリフトすると先生が「出るぞー」   そしてが「ガブッ」 「で、で、でかい」 間違いなく尺、いやそれ以上か?  イワナがかかります。
魚は全く上がってきません。まるで根がかりのようです。イワナは猛然と石の下の潜り込みます。 そしてロッドになにも乗っていない軽ーい感触が。「うぁあー、 くそー」 思わず大声で叫びました。

先生は「気にしないで、よくあることです。僕も先日何匹も大物をバラしました。原因は特に無いと思います」   慰めていただき午前中は終了。  車に戻り昼食をしながらいろんな話をしました。

午後から場所を変えさらにもう1匹追加しますが、いいサイズの魚はでません、しかし相変わらず先生はここぞという場所からイワナを引きづり出します。
d0257922_928478.jpg


d0257922_9292367.jpg


そしてイブニング。大物ポイントに連れていってもらうとすぐにあちこちでライズが始まりました。
15分ほどこのポイントの攻略方法をレクチャーして頂き、精神を集中します。そしてフライを打ちこみます、先生から最初の一投が勝負と言われていましたが、かなりズレた場所にフライは着水。
しかしイワナが喰いつきました。あまり大きくありません。
さらに1匹追加し、このポイントで一番大物が潜んでいる場所に投げると先生が「出た―」 ん・・

 僕にはわかりませんでした。フライは無情に流れていきます。「今の 出たのか。  全然わからなかった。ちくしょー」
d0257922_9394451.jpg


d0257922_9414390.jpg


先生が「下流のポイントで今ライズしたのでここをやったら今日は終わりにしましょう」。

Goodポイントではないが20センチクラスならいそうな流れです。たしかに小さくライズしました。

1投、2投しても無視されます。先生から少し向こうに投げるようにと指示され、これが最後の1投と思って投げるとフライはイイ感じで流れます。プカプカ浮いていると流れ切る寸前で「がぶっ」 やったー 出たー  しかも  大きいー  イワナは左右、上下に暴れます。先生が後ろから「ラインをもっと出してー」「もっと前にでろー」と掛け声がかかります。そしてついにランディング。 28センチの立派なイワナです。「やったー」 3回大声で叫びました。

d0257922_95001.jpg

 (相変わらず写真の腕は最悪ですが、こちらもおいおい腕を上げていかなくては。)

そして先生とがっちり堅い握手。なんかできすぎのフィナーレです。たまにはこういう事もあるのでフライはやっぱりやめれません。車までの帰り道、今日初めて音楽の話、山菜採りなどしながら戻り本日の予定終了。

僕の今までのキャリアは吹っ飛ぶようなスクールでした。そして一番大事なことはキャスティングであり、フライのマテリアルがどうの、とか竿がどうのとかは二の次であるという事を学びました。

丸一日、濃い内容のスクール受けて凄くためになりました、ありがとうございます、Yuki先生。
またスクールミィーティングなどあったら参加したいですね。

Yuki先生のブログです http://bluegrassparty.blog122.fc2.com/
[PR]

by naru-kato | 2012-07-01 08:55 | FlyFishing 2012 | Comments(4)

Commented by 柚木 at 2012-07-01 22:45 x
今晩は。
スクール、お疲れ様でした。有難うございました。
ブログ拝見しました。楽しい内容です。リンクさせて下さい。
Commented by SHU at 2012-07-01 23:51 x
お疲れ様でした~
私はさっき帰ってきました、開田釣行記はまた明日。

でかいのを逃した時の悔しさってないですよね、わかります・・・
私も糸を切られた時はしばらくウンウン唸っててボーゼンとしてしまいました。
次こそ尺上を!と思いながら本当にいつになるのだろう・・・
Commented by naru-kato at 2012-07-02 05:16
>柚木さん 
 こちらこそ本当にありがとうございました。リンクの件お願いします、僕もリンク貼りたいのですがやり方がよくわからないのでこちらも勉強しなくては(笑)

Commented by naru-kato at 2012-07-02 05:40
>SHUさん
 本当にデカイのを逃がしたときは立ちあがれなくなりますね、だから釣りあげたときの感激は格別です。尺上は今年中に1匹はお互いに釣れると思ってます。